愚痴 サービス 聞いてくれる 話し相手

サービスは終了しています


営業は終了しました


10分/250円〜から承ります。050(3565)4329にお電話ください
愚痴を言いたい方はぜひこの愚痴聞きサービスをご利用ください
 
 
 使用する携帯の機種の相性によってはかなり聞き取り辛くなる事もあるようです

もし不快に感じるような方の場合は利用はあまりお勧めできません。

ご迷惑をおかけしますがご理解の方よろしくお願いします

また電話代が心配な方はご利用の時にお伝えして頂くか
08055293754にSMSでお伝えください
こちらから05035654329の電話番号で折り返しかけなさせて
頂きます

着信には十分気をつけていますが、万が一電話が繋がらない場合、折り返し希望のメッセージを08055293754にSMS

で送っていただくようよろしくお願いします。



初回のみ10分無料

※利用料金例(二回目の場合)
30分・・・  750円
60分・・・1500円
70分・・・1750円

ご状況に応じて5〜10分伸びた場合も料金に含まれますのでご了承ください。


 通話可能時間帯は4ページ目に記述


2回目のご利用の場合、前回の入金が確認出来ない場合は入金が確認出来てからとなります。

また入金の確認が取れない場合、催促のメールを送らせて頂きます。ご了承ください。

※このサービスはあくまで有料のサービスです

なお再三の支払い催促にも関わらず、支払いに応じない場合は、利用規約にも書いてありますが、悪質と判断した場合、明らかに払う意図がないと判断した場合は、例えそれが250円などの少額料金だとしても法的措置を取る事もあります


愚痴 電話 相談 男性 異性

05035654329
SMS 08055293759

10分/250円〜


愚痴 電話 相談 男性 異性

愚痴聞きサービス 始めました 

ただの話し相手としてでも利用は一応可です 

お気軽にお電話してください

10分/250円〜



今の世の中、かなりストレスが溜まるばかり。

人生にストレスはつきもので、いつストレスがやってくるかわからない。
そう、それは終わりのない長い廊下のように。

そんな世の中だから思いきり「愚痴ろう」よ。廊下の廊をかけて愚痴廊という名前にしました。


なので愚痴だけでも吐いてスッキリしたい
そんな方はぜひお気軽にお電話ください


このサービスは相談ではなく愚痴聞きサービスです

残念ながら問題解決をしたい、性格を変えたいだと言った場合には
私のサービスは不向きかも知れません


相談と言ったサービスを取り入れなかった理由は、どのような内容にしろ最後に重要になってくるのは自分自身であると言うこと、無責任にアドバイスしたくはないと言ったこなどが理由にあります。



カウセリングにおいても、自分自身もカウンセリングを利用していましたが、完全な解決は今までにほとんどありませんでした。但し、話したことによって少しスッキリしたことはあります。

人にとっての悩みの大小はあるにしろ、なかなか解決が出来ないから悩んでいるのだと思います。話して数分〜数時間で解決!そんなことはどんなに凄腕の人とでもなかなか難解なことだと思います。


そして、私自身が愚痴聞きサービスやカウンセリングを利用していたからこそ分かる事なのですが、私の場合は「相談して、今自分自身に起こっている問題が全てが解決した」ということはほとんどありませんでした。ですが少しだけ心を穏やかにできた。、解決は出来ないにしても話すことによって少しでもスッキリしたとうことが多かったように思えます。

その中で私は、自分が求めているものは、アドバイスうんぬんでは無く、話を聞いてくれる人であったり、共感してくれる人なんだと思うようになりました。

ですので、私はあなたに起こっている問題を解決して見せますとはいいません。
私には聴くことしか力になることはできませんが、そのことによって少しでもあなたがスッキリできるお手伝いが出来ればと思っています


なので、私の場合は話を聞くことや、共感に重点を置いてのサービスの提供となります。

相談やアドバイスや基本的にはしない代わりに、少しばかり格安の250円を設定しました。


愚痴聞きサービスではありますが、話し相手になって欲しいなどそう言った利用でも一応は可能ではありますが、あくまで利用者様が自ら話していただくことが前提になります。

但し、私個人でやっているので申し訳ないですが、変更は出来ませんのでご了承ください。

基本は聞き役に徹しますが、会話に間が空いてしまった時など、こちらからもお話内容に合わせて話題もふらせて頂きます



初回は10分無料なのでお試しだけでも構いません お気軽にお電話してください


 電話代がご心配な方はその旨をSMSに明記して送信して頂くか
サービス利用の際にお伝えください 05035654329の電話番号より折り返しお電話させて頂きます 


※愚痴はいくらでも聞きますが、暴言、性的なお話など、そう言った行為は受け付けておりません。

また、未成年の利用や泥酔している方の利用も申し訳ないですがお断りさせていただいてます


利用に対する注意点もあります

「毎日毎日死にたいと思っている」とただ愚痴を言うのは構いません。ですが、「今から死にます」などと言った自殺をほのめかす内容や犯罪行為を予告するなどそのようなは利用はお断りさせていただいています

愚痴聞き電話サービス。例えばこんな方におすすめ 

・余計なアドバイスなんていらない とにかく話を聞いて欲しい
・愚痴を言うわけではないけどただただ電話で話がしたい
・愚痴を言いたいけど言えれる人がいない
・自慢話をしたい
・とにかく褒めて欲しい
・今 とにかく辛い
・私の考えに共感して欲しい
・上司に叱られ落ち込んでいる
・なんだか心がモヤモヤしてスッキリしない
・同僚のあいつがむかつくけど誰にも話せない
・あいつの悪口を言いたい だけれど周りに話すのはちょっと
・雑談したいけど、話す相手がいない 話相手になって欲しい
・店員の態度が腹が立った イライラを解消したい 私の気持ちをわかって欲しい
・どうしても人前で緊張してしまう。話し相手の練習台として使いたい
・人生に疲れてしまった 誰かと話して気分を紛らわせたい
・発表会や講演会などの前日で緊張している。誰かと話して緊張を柔らげたい


愚痴 電話 相談 電話 異性

愚痴聞き電話サービス 愚痴廊 通話可能時間帯


電話番号 05035654329
SMS 08055293754







※時間帯が不規則な仕事をしているのであくまで目安の時間帯となります 時間外でもSMSで問い合わせていただければ通話可能なこともありますのでその時はSMSでお問い合わせをよろしくお願いします


月曜日 10:00〜22:00

火曜日 10:00〜〜22:00

水曜日 10:00〜〜22:00

木曜日 10:00〜13:00
  18:00〜22:00

金曜日 10:30〜14:00
  18:30〜22:00

土曜日 19:00〜22:00

日曜日 16:30〜22:00


(どの曜日も他の仕事の関係で外出が多く、午前中から19:30ごろまでは雑音などが入る可能性があります。ご了承よろしくお願いします。またIP電話ですので、途中で電話が途切れることもございます その際、私からもう一度お電話かけ直させて頂きます)


  

愚痴は嫌われる世の中 本当に生き辛い 人生に疲れてしまった方へ

 
愚痴を言うと言葉は悪いですが、周りからウザいなんて思われる危険性もありますよね
確かに愚痴を言われる方は余り良い気分にならない方が多いかもしれません。しかも
愚痴ばかり吐いていると最悪周りから無視されるなんて危険性もあります。

だからこの世の中では愚痴を言わず、文句も言わずに働くのが良いという風潮ですよね
吐き出す場所もなく誰にも愚痴をいえずに、ただただ自分の中でストレスを溜め込んでいくだけ。

このストレス社会の世の中、誰にも愚痴を言わずに自分の心の中にストレスを溜め込んでいく。

それってかなり辛くないですか?


風船に空気を入れ続けると爆発してしまうのと同じく、ストレスも溜め続けるといつか爆発してしまいます


精神の不調は体にも悪影響を及ぼしてしまいます


実際に私がそうでした。叱られた時、誰にも話さずに我慢しようとしていると、夜は眠れなくなり、無性に叫びたくなるのです。でも叫んではいけない その心の中での葛藤がまた悪循環となり結局は大声をあげて叫んでしまい落ち込む。その日々の繰り返しでした 


その結果、体調にも悪影響を及ぼし、当時はまだまだ若かったのですが、非常に疲れやすい体になってしまい、友人と遊んでいても何も楽しめなくもなりました。


「病は気から」とはよく言ったもので、心の方が好調であれば体調も良くなる反面、心に不調が現れると、体にも悪影響というのを身をもって体験しています。


もしあなたが今何かに悩んでいて、その解決手段としてカウセリングを使いか相談するのも1つの手だとは思います 相性にもよるかも知れませんが、親身になって話を聞いてくれるかも知れませんしあなたにとって、そのカウンセラーは頼りになる存在になるかも知れません 

ただ残念ながら、相性が良いカウンセラーに当たる確率もあれば相性が悪いカウンセラーにぶつかってしまう可能性も出てきます 所によっては初回無料の所もありますし、嫌だと感じたら担当を変えてくれるサービスを設けている所もあります  


ですが2回目で相性が悪いと思ってしまった場合、お金は払わなければなりません。そのお金は全くの無駄金になってしまい、時間も無駄な時間になってしまいます


その無駄になったお金でカラオケ、映画 、ボーリング、食事をしてもお釣りが来てしまうことさえあるのです


1万円のカウンセリングを受ければ、10回通えば10万円です 


カウンセリングはとても良いサービスだとは思いますがこのようなデメリットがありますね


こちらに電話して頂ければ1時間話して頂いても1500円です 


サービスなのでお金はいただくことになりますが、早めに終わらせれば
カウセリングよりもかなり安くストレス解消も出来ますし 

残念ながら私と相性が悪いと判断されてしまった場合でも、早めに電話を切っていただければその分金額は安くなります

もし合わなければお伝えください その時点で終了でも構いませんので。


初回のみではありますが、10分間は無料です その中で合う 合わない
の判断材料にもなるかと思います


相談や問題解決を重点に置いていませんが誰かに話すだけでも心の
モヤモヤが晴れたり多少スッキリしたりはあると思うのです



少し、話は変わりますが、昔の世の中の風潮だと「苦労は買ってでもしろ」「怒られるのも仕事の1つ」だとかなかなか厳しい言葉が多いですよね 



ただ、私にはこの言葉はどうしても納得いかないのです


確かに様々な苦労を経験すれば、多少のことでは挫けない強い精神力をもった人間に成長できる可能性もあるとも私は思っています


ですが問題はここからです。その苦労がその経験した人によって耐え切れるかどうか、
そこを重点においてないのでその言葉が生まれてしまうのです



例えば私のトラウマの場合、介護で留年をした経験があります その結果どうなったかと言うと身体介護をすることには非常に抵抗があり、また実習では落とされることばかりが頭によぎり本来の持っている力は出せませんでした



そして、幼少のおいての嫌われて馬鹿にしまった経験は今でも覚えていますし、嫌われた経験が周りの目が気にならない強い人間になったなんて私には全く言えません 


カウセリングや愚痴聞きサービスを精神的な負担や苦労をお金で買って少しでも柔らげると言ったサービスにも置き換えられるかも知れませんね



私は苦労は買ってまでしたくないですし、その苦労はこれからの人生においてトラウマとなる恐れもあります 私から言えば、苦労は買ってでも避けろと言いたいぐらいです


私は商売として愚痴聞きサービスを開業しましたが、実は私自身も落ち込んだ時、悩んだ時、愚痴聞きサービスを時折利用しています。

私が愚痴聞きサービスを使ってよかった点、あまり意味がなかったと思った点なども後述しているので、ぜひ最後の方まで読み進めてください


嫌なことがあった時本当に辛いですよね。

このホームページを見ていると言う事はきっとかなりストレスが溜まっている状態ですよね



大丈夫です。どうか手を差し伸べて1度勇気を出してお電話してみてください


あなたの時間が許す限りいくらでもお付き合いさせて頂きます

愚痴 電話 安い サービス 聞いてくれる


自己紹介

私は愛知県に住む30代後半の男性です 

画像は私の似顔絵となります


人によってコンプレックスは様々だと思いますが、私の場合は体型や容姿にかなりコンプレックスがあります。愚痴聞きサービスである以上、顔写真を載せることで話し相手のイメージもしやすくメリットがあります


利用者目線を心がけてサービスを提供したいですが、すみません、これだけは似顔絵で勘弁してください


同じようなコンプレックスを抱えた方、きっと私自身共感出来ることも多くなるかと思います



仕事は福祉関係の仕事を主にしてきました


専門学生の頃に介護技術のテストを落としてしまい留年した経験があるので、今でも身体介護にはかなりトラウマがあり、出来れば身体介護はやらないように逃げて今まできてしまいました 介護福祉士の資格はなんとか取得できましたが、あまり胸を張って資格を持っていますとは言えない有資格者です


私は幼少の頃から世間に馴染めなく、勉強もそこまで得意ではなく、運動も駄目な私は周りからも馬鹿にされ続けてきた人生でした 


特に中学生時代の時は酷く、あることがきっかけで同学年全体から嫌われてしまったと言っても過言ではないぐらいでした。登校拒否にはなりませんでしたが、学校は休みがちになっていました。

一度両親にもう学校には行きたくないと伝えたことがありましたが許されませんでした。


上のページにも書きましたがこの苦労が糧になったとはあまり言えないかなと私は思います



高校はなるべく中学の同級生の少ない所を選び、やっと普通の学生生活が送れると思っていました。

最初は楽しかったですが、ある日、急に嫌われる恐怖がやってきました。私は嫌われているんのではないだろうか?そのようなことばかり考えるようになってしまったのです


そして人間は誰も信用出来ないと思うようにもなってしまいました。



専門学校では留年を経験しましたが、留年していた当時、話しかけてくれる人がいてその方にはかなり救われました 

その方のおかげで留年も1年だけで済んだのかも知れません  

誰にも話しかけられず、介護技術の練習相手がいなかったらとまたテストを落とし、最悪学校は辞めていたかも知れません

ですのでこの愚痴聞き電話サービスもあなたにとって心の支えになれる存在になれればとても嬉しい限りです


仕事が出来ない私は、社会に出てからも苦しみ続けました。同僚からの冷たい目線を身に染みて感じてきました。

 自分に対する悪口を聞いてしまい落ち込んでかなり長い間悩みました 無責任ですが、なんとか休む手立てを色々考えたり、今日こそは頑張るぞと張り切って出勤してもいつも駄目で毎日落ち込みながら帰宅しては母親に愚痴を言っていました


その仕事をやめてから、祖母に顔つきが良くなったねと言われたことがありました 

顔は心を表すは本当なのかも知れません

当時は表情も暗くなっていたのだと思います


苦しんで悩み続けた当時は、死にたいと思いバイクで壁にぶつかって
死んでしまおうと1度試みたこともありました

ただやはりそれも怖く寸前で踏みとどまりました


生きるのって本当に辛い。

30も後半になった私ですが、未だに怒られるのが怖く、人前で特に仕事や上司に対してはかなり萎縮してしまいます


仕事での人間関係は非常に憂鬱ですよね 

前職である一人の人間から無視されるようになり、おそらくそのことが原因で、私は今しゃっくりが止まらない体になってしまいました


人間関係の悪化はこのように体調にも悪影響を及ぼしてしまいます


ストレスを溜め続けないで話してみてください


話すことによってストレスを少しでも取り除ければまたこれも嬉しい限りです


私と似たような人間は少なからずいると思います


きっと共感できる部分もたくさんありますので1度お電話してみてください


暗い話ばかりが続いてしまったいるので、私の趣味の話なども書いていこうと思います。


私の趣味は一人カラオケ。カラオケは比較的安価でできますし、ストレス解消法としてもおすすめです 私には大好きな歌手がいてその歌手の歌ももちろんカラオケで歌うのですが、これが非常に難しい。カラオケの話お話し相手。そのような利用もお待ちしています

そのような利用の際は是非ぜひコブクロも話題で話に花を咲かせましょう 私もとても楽しみにしています


月に1度、30分だけではありますがボイトレに通っています。通い始めて1年以上が過ぎ少しずつ効果も実感しています。


ボイトレも声を出したり、ただしい声の出し方も学べたりもするのでおすすめではありますが、高額なのが難点。


野球が好きであるチームのファンで1年に1度は球場に足を運んでいます。


野球観戦で好きなチームを声だして応援する。それもかなりストレス解消になりますね


好きな食べ物はラーメン。名古屋市内のラーメンを色々食べ歩いてきました。


美味しいものを食べたりもストレス解消になりますよね



私はカウンセラーではありません


カウンセラーを名乗るには特別な資格がいると思ってないでしょうか?
答えは否です。実はカウンセラーに特別な資格はいらず、誰でもカウンセラーを名乗り商売を始めることが出来ます。(公認心理士などですと国家資格ですので勝手には名乗ってはいけなくなります)


私は個人で愚痴聞きサービスとして開業致しましたがカウンセラーとして名乗って開業することも可能でした。個人開業届のサービス内容にカウンセリングと書けば良いだけです



ですがサービス内容にカウンセリングとは記述せず、愚痴聞きにしました


そして私はこれからもカウンセラーとは名乗りつもりはありません。この上のページでも記述しましたが、カウセリングは頼りになる存在になる反面、金額は高くなります 保険も効かないです。場所代など様々な観点からどうしても金額も高くなってしまいます


カウセンリングにも色々な種類があり、メールカウンセリングや電話カウンセリングなど様々な形態のカウセリングがありますが。ですが、現在でもカウセリングの主体は利用者がカウンセリングルームに行き、カウセンリングを行うのが現在でも主体となっていると思います。そしてやはりこれが一番効果のある方法だと私自身 カウセリングを受けて感じていたことでもあります。

ですが、やはり問題となって来るのはお金の問題だと思います。余程裕福でもない限り、月に何度もカウセリングに出向くというのはなかなか難しいことだと思います。

なので私の場合は、嫌なことがあったけどなんとか話すだけでもなんとか我慢できそうな時には愚痴聞きサービス、もう自分だけでは解決できなかったり、追い込まれてしまった時、かなり辛くなった時にはカウンセリングをというように使い分けてきました


ですが、私自身がカウンセリングを受けた身だからこそ分かるのは、どれだけ優秀なカウンセラーがついても最後に重要になってくるのは「あなた自身」です 


それはなぜなのかというと、実は専門的な言葉でいうと、来談者中心療法という言葉なのですが、そもそもこの療法には利用者が自ら解決する力を持っていることが前提にカウセリングを進めていくことになっているからなのです。

カウンセラーは利用者と話を進めていく中で問題点や課題を見つけ出し、利用者と何度もカウセリングを行ってより良い方向に改善に努めていくのです。


カウンセラーを頼る場合はあなたの問題解決のための道標のような存在とイメージしていただくと想像しやすいかも知れません


そしてそれは、先ほども述べたように1回だけのカウンセリングでは終わりません。長い期間をかけて何度も利用者は足を運び、少しずつ解決に向けて動いていく


私が受けたカウンセリングはこのようなスタイルが多かったように思えます。


こういった場合のカウンセリングで、一番重要になってくるのはあなたとカウンセラーの相性。優秀なカウンセラーであろうとあなた自身がカウンセラーを信頼できないと思ってしまうと、どれだけカウンセリングに通おうとも問題解決には至らなくなってしまいます。


ですので相性や信頼関係はかなり重要になってきます。嫌なイメージを持ったカウンセラーといつまでも付き合っていけるでしょうか?

残念ながら相性の悪いカウンセラーにぶつかってしまうこともあるのです。

ちなみに個人的なことではありますが、私がカウンセリングを受けた立場であまり合わないと感じたのは、タメ口のカウンセラーだったり、私の行動や仕草に笑ったカウンセラー、上から目線のカウンセラーなどがありました

まずはタメ口を使うカウンセラー。これから信頼関係を築かなければならない利用者相手に初対面の段階でカウンセラーがタメ口を使う。これはあまりよろしくありません。カウセラーと利用者はあくまで対等の立場であり、決してカウンセラーが目上ではありません。タメ口を好む利用者の方もいるかも知れませんが、初対面の段階ではまずは敬語を使うのが適切であると考えています


そして、特上から目線のカウンセラー、私の行動を馬鹿にして笑ったカウンセラー、これは本当にやってはいけない事であると断言できます。


カウンセラーは利用者の気持ちに寄り添ってアドバイスをしなければなりません
利用者は今、どんな事で苦しんでいるのか?このアドバイスはこの利用者に対して適切なのか?など様々なことを利用者の気持ちになって考えてアドバイスをしていかなければなりません。


利用者をより理解するために、これもまた信頼関係が重要になってきます。
利用者との信頼関係が深まると様々な顔を見せてくれるようになります。
その人がどのような考えを持っているかなど判断材料が多くなってきます。


信頼関係をつかまなければいけないカウンセラーが馬鹿にして笑うなどあり得ません。


私も非常に嫌に思ってしまいましたいましたし、不信感しか感じなくなってしまいました むしろ怒りさえ覚えてしまったのです

このようなカウンセラーと長くカウセリング続けるのは嫌でしたし、そのように馬鹿にされて中で高額な金額を払うのは非常に腹立たしくも感じました



わざわざ高額なお金を払ってまで誰かに助けを求めているのに、解決にむけて
動き出したいのにただただ腹をたてて時間とお金だけが無駄になってしまった



今、誰よりも悩んで苦しんでいながらも必死で生きようとしているあなたにそんな思いをさせたくはないのです


だから私はカウンセラーとは名乗りませんし、あなたの問題を解決して見せますとも
言いません。


先ほどカウンセラーが道標のような存在であるならば、私のサービスは心にたまったモヤモヤを捨てるためのゴミ箱といったところでしょうか。


ですのであくまで問題解決ではなく、とにかく愚痴をたくさんいってスッキリしてもらう

そのようなことを重点に置いたサービスとなります


カウセリングのスキルにおいて、傾聴、受容、共感的理解なども挙げられますが、私自身が1番大切だと感じているのは、技術うんぬんと言った事では無く、とにかく相手の立場に立って考えることが1番重要だと私は思っています。


悩みを解決することはなかなか、難しいかも知れませんが、話すことによって少しでもあなたの心がスッキリできるようお手伝いができたらこなと思います。


あなたの時間が許す限り、いくらでもお付き合いさせて頂くので
1度勇気を出してお電話してみませんか?

このサービスを利用するメリット

まずは愚痴を言うことによってそれだけでもスッキリすることがあると言うことです。つまりストレスを
軽減できるメリットがあると言えます。

ストレスの代表的なものとして嫌な出来事があった時に起きる精神的ストレスがあります。

その精神的ストレスを自分自身で処理できて、ストレスを緩和出来れば何も問題はありません。

ですが、なかなか処理できない人たちも数多くいると思います。

ストレスを溜めるということは心にも体にも悪影響です。ストレスを溜めると以前よりもイライラしやすくなってしまいます。すると相手にもイライラが伝わってしまい人間関係の悪化にもつながってしまう恐れがあります。

また最も最悪の展開になってしまうことが、八つ当たり、暴力、暴言などの行動に出てしまう恐れもあります。大概の人は、このような行動にでると落ち込み、それがまたストレスとなり悪循環に陥ってします。

そのような時に役立つのがこの愚痴聞きサービス。
あなたの負ったストレスを誰かに話すことにより、ストレス解消とまでは行かなくてもストレスを少しばかり緩和することがで出来ます。


このように偉そうに書いている私もやはりストレスが溜まるとイライラしてしまいがちです。

普段なら我慢できる他人の行動にもイライラしたり、何もしてなくてもなんだか心がスッキリしなかったり、なぜかイライラしていたり。

このようにストレスを溜めるのは本当によくないです。


なので、愚痴聞きサービスを利用して、愚痴を思いきり吐き出して、ストレスを少しでも無くしましょう。



心の中でたまったモヤモヤを吐きだす。どんな愚痴だろうとそれは違うだとか、ここはこうした方が良いだとかそういったことは一切しません。受け止めてくれる人がいるというのはとてもあなたの強みになります。

後にも書きますが、誰かが自分の考えを認めてくれることは本当に数われたりすることがあります。実際に私がそうでしたので。その事例は愚痴聞きサービスを使ってよかったと思えた所に書いていきます


ただの話し相手として利用した場合、まずは寂しさを紛らわすこともできます。私はどちらかと言えば一人で行動をするのを好む方ではありますが、やはり孤独は多くの人が寂しく感じるもの。なので、例え電話ごしでも電話の向こうに誰かいることを感じ取れたら、非常に安心感も得られ、寂しさも軽減できると思います


とにかく褒めて欲しいといった利用ですととにかく気持ちよくなれることもメリットとして挙げられます。


愚痴と同じく自慢話も嫌われてしまいます。でも、褒めて欲しいですよね。

私は怒られるより褒められたいです。自信がない人であれば、褒められることによって多少の自信がつきます。

褒められることで快感も得られます。


このサービスを利用するデメリット

反対にデメリットは、私はあなたのどんな愚痴でも受け止めますし、否定もしません。なので、危険性としましては自分の考えは間違ってなかったんだと放漫になってしまう恐れもあります。


実際に過去の私がそうでした。電話の相手は私の考えを否定せずに気持ちにもよりそってくれましたが、その中で私はやはり自分の考えが正しかったんだとあまりに強く思うようになってしまったのです。その結果、私が自己主張を強くしすぎるようになってしまい会社での人間関係が悪化してしまいました。

そのような利用の場合は十二分に考えた末、ご利用ください


また自慢話をしたい、褒めて欲しいといった利用ですと、これまた自信過剰にもなってしまう恐れもあります。自信過剰な方もやはり嫌われる傾向にあるようです。

自信過剰になってしまい、人間関係の悪化。そのようなデメリットもあります


また、私のサービスはカウンセリングではなく、愚痴聞きサービスであり、相談は取り入れていないので問題解決を期待してしまうとストレスも溜まってしまうと思います。

そして、私自身、問題解決にむけて利用するのであれば最も効果がある方法は対面によるカウンセリングだと考えています。


対面のカウンセリングであれば、体の向きや姿勢、顔の表情など判断材料は多くなります。また、利用者自身も電話よりも人と話している実感も感じることができます。

ですが電話のみであると、何に一番ストレスを感じているのかを判断するのは、愚痴の内容と声のトーンなどと限られてきてしまいます。なので、共感しようとしてもどうしても見誤ってしまうこともでできます。


本来、このような話をする予定ではなかったのにとストレスを解消するどころか余計にストレスを溜めてしまう恐れもあります。

私も出来るだけ話の内容は注意深く聴くようには致します。


そして、携帯電話の相性によってはかなり聞き取り辛くなってもしまいます。もしストレスに感じてしまうのであればご利用は残念ながらお勧めできないです。


そして個人でやっていますので、残念ながら私と合わないと判断されてしまった場合も他のスタッフはいなく、スタッフが変わることが出来ないと言ったデメリットもあると言えます。

あとはお金がかかることもデメリットに挙げられます。

比較的、格安の値段設定ではありますが、商売ですので、利用する以上はどうしてもお金はかかってしまいます。長い時間であればあるほど、料金は蓄積されていってしまい高額になってきてしまいます。

時計などを用いてサービスを利用すると、値段も把握しやすいのではないかとは思います

おすすめのストレス解消法 一覧


・誰かに話す・・・モヤモヤを抱えたまま過ごすというのは非常に心にも体にもよくありません。もし、あなたのことを否定せず、じっくり聞いてくれる友達や家族などがいたら、その方に話したり相談してみてください。愚痴を話す事であなたが救われる事もあるかも知れません。但し、愚痴は余りにも言いすぎると聞く相手側も凄く疲れてしまいますので注意が必要です。もし誰もいなければ愚痴聞きサービスを利用するなどもいいですね。もし数ある愚痴聞きサービスの中でも私を選んで貰えたのであれば、誠心誠意お付き合いさせて頂きます。


・体を動かす・・・運動好きな方には体を動かしてストレス発散。マラソン、ボーリング、バッティングセンターなどなど汗をかいてリフレッシュするのも良いですね


・声を出す・・・これは私がよくやっているストレス解消法です。歌を歌うというのも大まかに言えば声を出すになりますね。カラオケに興味があるならカラオケもおすすめです。私はどうにも我慢できない時に夜であろうがカラオケに行ってストレス発散しています。大きな声で歌ったりと結構これが良いストレス解消にもなります。また野球観戦などのスポーツ観戦もお勧めです。野球には応援歌がどこのチームもあり、外野席で同じファン同士で「かっ飛ばせ〜」と声を出すのです 最初は恥ずかしいかも知れませんが声も出せれて良いストレス解消にもなります。


・文字を書く・・・これはあまり効果がないんじゃないかと私は最初思っていました。ですが、中にはこのようにストレスを解消されている方も見えるみたいです。そして、実際に私もカウセリングを受けてやってみたことがあり、多少の効果もあったように思えます。どうしてなぜ落ち込んでいるのか腹を立てているのか誰に腹を立てたのかなんでも良いのでかいてみてください 案外、こんなことで落ち込んでいたのかなんて思うことも私の場合はありました



お風呂に入る・・・体が温まるとなんだかホッとしますよね。リラックス状態を作るというのはとても良い事です。心も体も綺麗さっぱりにしてストレス解消しましょう



睡眠をとる・・・これは私の場合はあまり効果はありませんでした。悩んでしまうと頭の中でその事ばかりを考えてしまいまず寝付けないからです。私と同じような考え方の人にはあまりお勧めはできません。ですが、中には寝てその日1日の嫌な事は全て忘れると言ったストレス解消法をしている方もいるようです



寝る前に今日の出来事で1つ自分を褒める・・・芸能人の誰かが言っていたストレス解消法です。最初聞いた時は衝撃でした。自分を褒めることにより自分を好きになりましょう。毎日が楽しくなるかも知れませんよ


泣く・・・上の文章とは真逆になってしますが、実は落ち込んだ時には、笑うよりも泣く方がスッキリするそうです。泣ける映画や音楽などを見て思う恥ずかしがらずに思う存分泣きましょう 



音楽を聴く・・・たかが音楽、されど音楽です。老人ホームでは音楽を流して、レクリエーションをしたり、リハビリをしたりする所もあります。音楽をかけることにより体をリラックスさせる役割を担っているのです。その方の精神状態によっても変わってきますが、音楽を聴くことによりリラックスをすることが出来ます。 リラクゼーション効果のある音楽を聴いて実際に私自身、音楽を聴いてなんだか落ち着いた気持ちになったことがあります。

(あくまでも1例であり効果には個人差があります。全く効果がない場合もあります)

私が実際に愚痴聞きサービスを使ってよかったと思った点

case1・・・ 仕事でのある人の行動、振る舞いが私にはどうしても納得がいかなかった時があり、愚痴聞きサービスを利用。その方は「それは腹立ちますね」と受け止めてくれた
その一言はもしかしたら全員に言っていた言葉かも知れません。ですが、その一言が私には非常に救われ、仕事を続けることができました 

この時期は仕事の同僚からの無視に悩んでおり、職場の上司にも相談しましたがこれといった対応は取ってくれませんでした。むしろ呆れたような態度をとることさえありました。それがまたストレスとなり悪循環となっていました。そしてかなり辛くなった時に愚痴聞き電話サービスを利用しました。

無視をされるというものは非常に精神的にも参ってしまうものです。

愚痴聞き電話サービスを利用して、この人のこう言う所に腹が立ったなどのことを話し、無視もされていると今置かれている状況を説明しました。その中での先程も書いた「それは腹が立ちますね」と私と同じ思っている気持ちを代弁してくれることで物凄く救われたのを今でも覚えています。このように自分が考えてくれることを共感してくれるということは非常に救われる事もあります。

case2・・・上司の理不尽に怒り心頭。相談と言った形もできる愚痴聞きサービスを利用。
これからどのように上司に話すか、これから私はどう動いて言ったら良いかを一緒になって考えてくれた そのおかげであまり悪い方向にはそこまでいかずにすんだ

この事例は上司の理不尽な指示や対応に納得がいかず、かなりイライラしている状況で利用しました。理不尽な指示に対してどのように動けばいいのか自分では考えらなかった時に利用しました。すると、自分自身では思いつかないようなアドバイスをもらえ、なんとかことなきを得ず、仕事も続けることができました

case3・・・先輩の対応がおかしい 会社を辞めようかどうか迷っていると言った時に相談も出来る愚痴聞きサービスを利用。自分の中で会社に対して見極めをつけることが出来会社を辞める決断が出来た

これはもう自分自身では、もう辞める決心はついていたのかもしれません。ですが、なかかなか決心がつかないような気持ちでの利用でした。この先輩の対応はどうなのか?今の会社は大丈夫なのか?今やめた方がいいのか?すごく迷っているなどの時に愚痴聞きサービスを利用しました。

会社を辞める後押しをしてもらい、そこの会社はやめ、後押ししてもらうことにより会社を辞める決断をすることが出来ました。

愚痴聞きサービスを使ってあまり意味がなかったと思った点

case1・・・電話相手があまり私と相性が合わなかった。

相談もできるサービスの所ではあったが、相手を信用できないことも重なり、解決策の提案があまり私自身が納得のできる物ではなかった。どんなに優秀なスタッフでもどうしても相性が悪いと言った事例は出てきてしまいます。カウンセリングに限らず、電話での愚痴聞きサービスも信頼関係は非常に重要になってきます。電話相手が信頼できなければ、相手もなかなか愚痴を言い出せない状況に陥ってしまいます。私の場合は第一印象があまりよく思えなかったので、解決策の提案も素直に受け取れなかったと言えます。話していてもいまいちスッキリ出来ず。このような時はあまり良かったとは思えませんでした。

case2・・・話している中で本当に私の話をしっかりと聞いているのかどうか疑問に思って
しまい不信感ばかり募ってしまい、話していてもスッキリすることが出来なかった

これも少し信頼が関わってきますね。愚痴を話していても、相手が理解していないと本当に私の愚痴を受け止めてくれているのだろうかと言った不安が生まれてきてします。
その結果、あまり信頼もできなくなり、この人と話しても意味がないと感じてしまいその時点で話すのを辞めてしまったと言えます

case3・・・私の出来事に共感はしてくれたが、少しわざとらしく感じてしまい、本当に私のことを考えて話してくれているのか疑問を感じた

利用者に対して相槌をうったり、共感したりというのは実は非常に難しく、技術も必要となってきます。

自分自身を受け止めてくれる存在というのは非常に心強い存在になります。ですが、それわざとらしく相槌をうってしまたりするとそれもまた不信感につながってしまいます。今回の事例がまさにその通りで、この人はいつもこのようなことばかり言っているんだろうなと私が感じてしまったことが失敗にもつながっていると言えます


カウンセリング 成功例


※注意点としてカウンセリングを利用者として受けたのは全て私であり、失敗と思ったかどうかも全て私の個人基準です。


カウセリング成功例(その1)・・・最初はそのカウンセラーをあまり信頼できなかったが、仕事を変えたと同時にこのカウンセラーを信じてみようと自分自身思う事にした。その中でイライラした時や落ち込んだとき、などカウンセラーに色々とアドバイスも貰いながら仕事を続けていった。結果的にそこの仕事場は1番長続きすることが出来た。

私自身今までは理論的に行動すると言うことが苦手ではあったが、理論的に行動することが以前よりはできるようになった

この成功例において重要になって来るのが「自分自身」が変わろうとしたこと、「自分自身」がカウンセラーを信用しようと努力したことに基づいての成功例となります


成功例(その2)・・・介護の仕事をしなければいけない時、学生時代、身体介護技術で留年した私は身体介護に抵抗があり、前日は不安で仕方なかった。

逃げ出したくなり、急遽カウセリングを利用。
カウセリングを受けなんとか本番もこなすことが出来た

この場合の成功例は身体介護がうまく出来るようになったと言うわけではなく、あくまで逃げ出したい気持ちを整理する、気持ちを落ち着けるための利用でした

何とか逃げ出す事はなく本番を迎えたので成功です。


私が本番を逃げ出していたら失敗となっていたでしょう

そしてここでもポイントになってくる事はあくまで最後に行動したのは「自分自身」であると言う事。


私自身の経験の元にのお話になってしまいますが、あくまでカウンセラーは問題を見つけ出して、アドバイスをすることが主になってきます。

いくらカウンセリングを受けようが、自分自身が行動を起こさない限りは何も変わることはできませんでした

また、今回の例ではたまたまカウンセラーが当日、空いて利用する事が出来ましたが、急遽利用するというのも難しい場合もあります。


もし、今すぐにアドバイスを求めたい場合は、カウセンラーが空いてれば対面のカウセリングに行くのも1つの手です。


ですが、もし対面でのカウンセリングが難しい場合は、電話のカウンセリングのサービスを受けてみるのも1つの手かも知れません。

私がカウンセリングを受ける場合の優先順位は、少しばかり我慢もできそうな場合はメールカウンセリング、メールでは厳しい場合は電話カウンセリング、かなりきつい状態にいる時は対面のカウセリングなどと使い分けてやっていました。


 






カウセリング 失敗例



カウセリング失敗例(その1)・・・初対面であったにもかかわらず、カウンセラーが終始タメ口であった。年上だとか年下とか関係なく、初対面は敬語であるべきだと私は考えているので、その時点であまり信頼することが出来なかった。

このように利用者は少しの事でも、非常に不信感を持ってしまうことがあります。不信感を持ってしまったら、そこからは信頼回復は非常に難しくもなってしまいます。


1つ悪い所を感じてしまうと、不思議な物で、どんどん悪い所が目に言ってしまう。自分の悩んでいることには何も言わないし、相談しにきた意味はあったのだろうかと不満に思ってしまった


初回ではあったので比較的安い費用ではあったが、そのお金を払うことが非常に腹立たしかった

時間とお金の無駄と感じてしまったカウンセリンであった。


失敗例(その2)・・・信頼してたカウンセラーが転勤。引き継ぎのカウンセラーの私に対する態度がかなり上から目線に感じた。敬語ではあるものの、言葉の所々に上からの物言いに感じる部分も感じられた。


私のある行動に対して馬鹿にしたように笑ったのである。これはカウンセラーとしては絶対にやってはいけない過ちでです。


本来カウンセラーは、その人の気持ちに寄り添い、表情や仕草、声のトーンや体の向き、様々な観点から問題を把握し、利用者に歩み寄って問題解決に向けて動いていかなければなりません。


なのに問題解決をしなければならないカウンセラーが上から目線で話す、利用者である私を笑うなどあり得ません。

カウンセラーが陥りやすい罠として「俺が、私が直してやったんだ、アドバイスしてあげてるんだ、相談に乗ってあげてるんだ」と立場が上であるかのように錯覚に陥ってしまうことが挙げられます。

本来、カウンセラーと利用者は対等な立場でなければならないのにです

きっと私が腹を立てたカウンセラーはこの錯覚に陥ってしまったのだと思います。

だから、私もその事を感じ取って

「偉そうにアドバイスして。こっちの気持ちなんて何一つ分かってないくせに」

と思うようになってしまったのかも知れません。



勿論、アドバイスは素直に受け止めれなくなり、高額なお金を支払うのも腹立たしくなってしまいそこのカウンセリングサービスは一切使用しなくなりました。

信じられないかもしれないですが、このようなカウンセラーは高い安いに限らず実際に存在します 

嫌な思いをさせないように、私自身気を引き締めて愚痴を聞かせて頂きます。

愚痴聞き電話サービス及び話し相手サービスを利用する際に電話相手として抑えておきたいポイント

愚痴 電話 カウンセリング サービス

年上である事。信頼できそうかどうか。電話相手は話しやすいかどうかなど。


私は自分に自信がないと言いながらもプライドだけは高く、相談をしたい場合には同年代及び年下にはあまり相談をしたくありませんでした


目的にもよりますが、友達感覚で話たいと思っている場合には同性の同世代の方を選ぶのも手かとは思います


悩み相談の場合、愚痴を言いたいと言った場合、年上を私だったら選ぶかなとは思います

年上の方は、やはりそれだけ人生も経験されているのでアドバイスも素直に受けやすいです


なので出来るだけ年上の方を選んで利用しています


自己紹介にも書きましたが私の年齢は30代後半です


また、あなたにとって信頼できそうかどうかもかなり大きな判断基準になり得ます

この人はなんか嫌と思ってしまった場合は、それ以上は話していても時間とお金の無駄になってしまい、結果ストレスが余計に溜まったなんてことにもなりかねません。


私と相性が合わないと思った場合にも遠慮なくおっしゃてください。

初回の10分ではなかなか判断は難しいかもしれませんが、合う合わないの判断として貰えればなと思います


他にも信頼と似たような事になってしまういますが、あなたに取って話しやすいかどうかも判断基準に取り入れると良いです









愚痴 電話 安い サービス

 もし愚痴の内容が仕事の関係なら、同業に近い職を経験している人。そして似たような性格の人などを選ぶと良いです

私がこのような愚痴聞きサービスを利用する時はいつも仕事の時でした。私の場合は福祉系の仕事をしていたのでその職に近いかたをプロフィールを見てから電話をかけるようにしていました


同業者の場合、仕事をする上での注意点など似通っている事も出てくると思いますし、説明する手間も省けます

説明する手間が省けたらその分、愚痴を言う時間も節約出来ます


全く違った職種の方を選んだ場合は説明する時間も増えてしまいます


なので、スムーズに話も通りやすいですし、苦労も伝わりやすいのではないかと思われます


但し、全く違う業種を経験してる方を選ぶのも良い事はあります


似たような職種だとどうしても着眼点は似たようなものになってしまいます。


あなたの仕事を全く知らない他業種の人が違った視点でアドバイスしてくれるかも知れません


また性格についても、似たような性格の方なら共感してくれる可能性もより一層高くなり
親身になって話を聞いてくれる可能性も高まります


また性格が正反対の場合、それもまた新たな考え方、自分では気付かなかった事などが客観的にわかる可能性もあります


私の場合は職種は福祉関連、性格は温和だとか優しいとも言われることもよくあります。

ただ、自分自身が思う性格は短気、気弱、真面目ですがルーズと言った性格かなと思います







愚痴 電話 異性 サービス

女性である事


男性の場合、女性の方が安心感を得やすくなります



反対に女性は男性に安心感を与えると言いたい所ですが、女性もまた女性の方が安心感を得やすいようです


男性の場合、声が低く威圧感を与えてしまう恐れがあります


反対に女性は話やすさを与えることが出来ます

最近はコールセンターなどに男性も増えてきましたが、コールセンターなどに女性が多い理由も、もしかしたらこういった理由があるかも知れませんね

私の場合は男性になりますので、最初は少し怖い印象を与えてしまうかもしれません。

話しやすい雰囲気を作らせて頂きますので、お気軽にお電話ください。

愚痴 話し相手 電話 サービス

折り返して電話が可能かどうか

愚痴聞き電話サービスは比較的はカウンセリングよりも比較的安く利用することができます。ですが、値段は安くても、通話量がかかってしまっては元も子もありません。

通話量も含めて、折り返しかけてくれるのか、相手の携帯はかけ放題に加入しているのかなども判断材料にいれると良いです。

ちなみに私の場合はかけ放題のサービスに加入していますので折り返し電話を希望すれば電話料金はかかりませんのでご安心ください

愚痴 電話 安い

値段


お金は掛かるとは言ってもやはり安く済ませたいもの。


サービスに差異がなければ安い方を選びたいですよね

安い所を選んで電話するようにしています

私の場合は10分/250円でやっているので比較的格安ではないかと思われます

しかし安くても、サービスがあまり満足できなかった。なんてことになってしまうのは良くありません。

「安かろう、悪かろう」 「安物買いの銭失い」なんて思われないように誠心誠意お話を聞かせて頂きます


愚痴聞きサービスの相場の料金

愚痴聞きサービスの相場は大体いくらだと思いますでしょうか?すごく高そうなイメージを持っている方も多いかもしれません。

ですが、実は愚痴聞きサービスの料金は意外と安く、概ねの相場が10分/300円からの料金でサービスをしている所が多く、10分/500円であったりといった所もあります。


しかし、どんな価格であろうと最終的に満足できたかどうかを決めるのはあなた自身です。私の場合は10分〜250円でやっていますが、例え250円だけの利用であっても満足出来なかったらそれは非常に高いサービスなのかも知れません。

ですが、反対に60分で6000円かかったとしても、大満足だった。明日からまた頑張ろうと思えた!と利用者が満足すればとても安い料金と言えます。


これは私自身の経験のことなのですが、ある無料の電話相談サービスに電話をした時の話なのですが、その方はろくに話も聞かず、私のことを否定する一方でした。アドバイスも努力が足りないだとか、励ますどころか落ち込ませることばかりの発言が目立ちました。 この場合はお金はかかっていませんが時間を無駄にしてストレスも余計かかってしまったということがありました。


「時は金なり」です。時間という大切な高いものを買って、無駄な時間を過ごしてしまったとも言い換えられますね。

私が設定している初回10分無料設定は、合う合わないだとか、無駄な時間を相手にも与えたくないという思いからもこのような時間設定になっています。



料金設定のことについては、カウセリングにおいても同じことが言えます。



実際に私自身が経験したカウンセリングの失敗例に書いた通り、問題を解決できなかった、このカウンセラーが不快だったと思った時は本当ならば料金は払いたくありませんでした。なぜ、高い料金を払ってまで嫌な思いをしなければならないのかとさえ怒りを感じながら払っているのを今でも鮮明に覚えています。








またチケット制度はサービスを提供する側、受ける側にもとてもメリットのある素敵な制度です。サービスを受ける側は通常の料金体制よりも安く受けることが出来ますし、サービスを提供する側においても取りはぐれを防げることができたり、固定客の獲得も出来ます。


ただ1つ問題なのは、愚痴聞きサービスに限らずに言えることなのですが、料金が5000円の料金チケットを買った時にその5000円分が使い切れるかどうかと言った問題があります


確かにこのストレス社会の世の中では、ストレスはたまる一方かもしれません 

ですが毎日毎日電話をかけるといった方は少ないのではないかと思います

もし、1回の電話1時間話してストレスを解消出来た場合、残りのチケットは次回に持ち越しとなるのだと思いますが、次に電話するのはいつになるのかと言った問題点などがあります。


ですので、チケットサービスを利用する時は、返金制度があるのか?期限はあるのか?愚痴の時間はどのくらいになりそうか?なども考えてあなた自身に1番あったサービスを使うと良いです

愚痴 電話 相談 サービス 男性 異性

料金詳細

サービス料金

10分に付き250円(後払い制)

※利用料金例(二回目の場合)
30分・・・ 750円
60分・・・1500円
70分・・・1750円

※入金期限、電話より1週間

ご状況に応じて5〜10分伸びた場合も料金に含まれますのでご了承ください。

電話終了後に料金と振込先の口座、及び入金期限メールをSMSにてお送りします
支払いは現金のみとなります

振込先

三菱UfJ銀行 
支店名 津島支店
店番 547
口座番号 0288733
預金種目 普通預金
受取人名 グチロウ ヨコエ タカトモ

(普通)

愛知銀行 
支店名 津島支店
店番 306
口座番号 2087185

(普通)

受取人名 グチロウ ヨコエ タカトモ

ゆうちょ銀行 
 
支店名 佐織勝幡店
店名(店番)089

口座名称00810-1-218139

口座名称 
愚痴廊(グチロウ)

(当座)

※ゆうちょ銀行は普通ではなく当座になり、口座名も愚痴廊のみになっています。
ご注意ください






※入金の期限は電話を終了してから1週間となります
 入金の確認が取れましたらこちらより希望の方には入金の確認メールをSMSにて送らせて頂きます

また1週間を過ぎても入金の確認が取れない場合はこちらから催促のメールをSMSにて送らせて頂きます